11月26日、曇り空の中、松原校区の視察研修会で工場見学に行きました。
年に一度、様々な場所へ行き勉強をするのはもちろん、
校区内の皆さんとの交流も兼ねています。(※もちろん、自費負担での参加ですよ!)
今回は総勢30名の参加となりました。

さて、本年度は我が花南が企画担当と言う事で、
「雪印メグミルク野田工場」と「クレシア東京工場」に向かいました。
牛乳の工場を見学(紙パックを使用)→トイレットペーパーを生産(紙パックなどの再生も行う)
と言う、実は一連の流れを意識しての企画でした。 

まず最初に、メグミルクへ。

ここでは、牛乳のほかにドールの紙パックジュース、コーヒー乳飲料、ヨーグルトなどを生産しています。
野田工場では関東の牧場から牛乳が集められます。
簡単に工程を説明すると
1 検査
2 ゴミを取り除く
3 まごころ製法 酸素を取り除く
4 脂肪の均質化 粒の大きさの違う脂肪を細かくする
5 殺菌 130℃の熱を2秒間かけて殺菌しすぐに冷却
6 検査
7 紙パックにつめる
8 検査
となっています。

このように徹底した管理の下、私達に美味しい牛乳を届けてくれるのです。

この工場見学ではまず牛乳の試飲、概要説明、ビデオ視聴を行った後
見学に向かいます。
上記の工程を見ながら時々参加者からの質問に担当者の方が
親切に答えてくれます。

機械や、検査などについて色々な質問や回答がありましたが、
詳しくは皆さんが実際に行ってお確かめください(*^_^*)
赤いパッケージのメグミルクがなぜ美味しいか、
高温殺菌と低温殺菌の違いなど、本当に勉強になりますよ。

雪印メグミルク(http://www.meg-snow.com/

視察研修会 その2へつづく